湘南平塚の法律事務所|城田法律事務所

城田法律事務所は、神奈川県平塚市を中心に業務を執り行っております。

2018年09月12日(水)

情報商材被害110番を実施します

「簡単に儲けられる」「ノウハウを教えます」「あなたも人生の成功者に」

そんな文句で消費者を煽り,セミナー受講料,教材費,情報提供料などの名目で金銭を支払わせる情報商材の被害が増えています。昔は内職商法ともいわれた古典的な被害なのですが,昨今の急増はSNSの普及が背景にあるようです。

国民生活センターのデータによると,2017年度は2013年度の7倍超,2018年度も前年を上回る見込みとのこと。

「成功者」「実業家」などを名乗る人物が登場して,豪勢な暮らしぶりをアピールし,「自分もそうなりたい」と消費者をあおる手口が良く見られます。

そこで,サクラサイト被害全国連絡協議会では,一斉110番を実施することとしました。
神奈川は9月13日(木)10時~16時,当日電話番号は045-663-3307です。
国民生活センターHPより国民生活センターHPより

2018/09/12 09:28 | 消費者

2018年08月04日(土)

神奈川に適格消費者団体が誕生しました

弁護士の城田です。

私も理事を務めさせていただいているNPO法人「消費者支援かながわ」が,8月3日,内閣総理大臣から適格消費者団体に認定されました。

適格消費者団体は,契約金額が小さいなどの理由で個々の消費者が泣き寝入りをせざるを得ないような場合でも,消費者全体の利益のため,事業者に対して消費者に不利益な契約条項などの差し止め請求を行うことができます。

NPO法人の立ち上げから約4年,全国19番目の適格消費者団体として,いよいよスタートラインに立ちました。

2018/08/04 15:47 | 消費者

2014年08月02日(土)

山王パークタワー

弁護士の城田です。

昨日の午後はこちらへ。
溜池山王駅直結の山王パークタワー。6階に消費者庁が入っています。

消費者を不当な契約から守る‘消費者契約法’。私もよく交渉や裁判で使う法律です。
2001年の施行から13年以上が経過,そろそろ条文の見直しやさらなる充実が必要とのことで,現在,学識経験者,弁護士,企業関係者などによる検討会が行われています。




詳しくはこちら↓
http://www.caa.go.jp/planning/kentoukai.html

昨日は第6回検討会に随行員として参加させていただきました。

消費者を保護する法律というと,消費者の利益ばかりを追及する法律のように捉えられがちですが,そうではありません。消費者を保護するということは,すなわち,悪質な事業者を市場から排除する,健全な事業者,健全な市場の発展に寄与するという側面があるのです。

そういう意味では,企業側の委員による発言は,非常に興味深いものでした。

それにしても都心はさすがの暑さ!写真を撮るために一瞬外に出ただけでも大変でした・・。暑い日が続きますが,皆さまくれぐれもご自愛ください。

2014/08/02 16:14 | 消費者

2014年06月02日(月)

四日市に行って来ました。

 弁護士の城田です。

週末,三重県四日市で開催された欠陥住宅全国連絡協議会(欠陥住宅全国ネット)の全国大会に参加してきました。

今回最初に取り上げられたテーマは「『がけ』と擁壁」。
擁壁のトラブルをめぐる相談は多いものの,建物のように法規制が明確でなく,裁判例も少ないのが実情。
欠陥住宅問題,特に擁壁の問題に長く取り組んで来られた木村孝弁護士の講演は,
まさに目からうろこの内容でした。

ほかにも,建築訴訟の最高裁判例の分析,到達点,今後の課題etc.. 
今回もまた知識・見識が満載の1日に。

ところで,こういった大会が開かれると,参加者が食事や観光に困らないよう,
地元の方がグルメマップや観光パンフレットを用意してくれます。
なのに,四日市名物「とんてき」のパンフを手に,泣く泣くとんぼ返り・・
いつかはゆっくり観光が楽しめるようになりたいものです。

2014/06/02 07:39 | 消費者

2014年04月13日(日)

サクラサイト被害全国連絡協議会

弁護士の城田です。

昨日は,広島で開催された‘サクラサイト被害全国連絡協議会’の会議に参加してきました。

‘サクラサイト被害’とは,メールの相手から「会って話がしたい」「悩みを聞いて欲しい」「遺産を受け取って欲しい」などと持ちかけられ,サイト内で何度も相手とメール交換させられているうちに,ポイント購入費用などと称して,次から次へと銀行送金したり,電子マネーやクレジットで決済させられてしまうという被害です。最近では,携帯電話の普及に伴い,高齢の方が,数百万,数千万などの被害に遭うケースも目立っています。

被害が目立ち始めた2010年頃は,明らかに詐欺だと思っても,果たして誰を訴えればいいのか,‘サクラ’は証明できるのか,弁護士が介入して被害を回復できるのか,皆が頭を抱えていました。

そこで,全国の消費者被害撲滅に取り組む弁護士達が立ち上がり,結成したのがこの協議会です。私は神奈川弁護団の事務局長を務めさせていただいてます。

全国会議の開催は年2回,毎回,事件解決の報告や手法,クレジットや電子マネーなど決済システムの現状や法的課題など,最先端の議論が飛び交います。

しかし,何より心強いのは,同じ志と同じ悩みを持つ弁護士達と思いを共有できること。日々の業務のモチベーションアップにもつながります。

さて今回,朝イチの新幹線に飛び乗り,広島駅から路面電車に乗って向かった先は平和記念公園のごく近く,袋町小学校併設の広島市まちづくり市民交流プラザ。同じ建物内に平和資料館も開設されていました。

昼食は東京,愛知の弁護団と一緒にお好み焼,夜は広島弁護団が用意してくれた居酒屋で懇親会。最終の新幹線で帰着。

日帰りのハードなスケジュールでしたが,知識とエネルギーが充填された充実の1日でした。

2014/04/13 11:39 | 消費者

RSS


Copyright (C) 2012 Shirota-lawoffice. All Rights Reserved.